北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 流氷 フレトイ海岸

■北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 流氷 フレトイ海岸

北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 流氷 フレトイ海岸

2019年2月14日の北海道・オホーツク・小清水町・浜小清水のフレトイ海岸の流氷です。

この日は接岸していますが、遠浅の広い砂浜に乗りあげた流氷には、乗ることができませんでした。とてもやわらかく危険だったからです。

それでもこれまでに見たこともないような流氷の接岸を見ることができました。

流氷が折り重なって接岸しているのです。それは見事でした!ちょっとした感動ものでした!

北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 網走市 流氷街道 鱒浦

■北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 網走市 流氷街道 鱒浦

北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 網走市 流氷街道 鱒浦

北海道・オホーツクには例年だと1月の下旬から2月・3月にかけて、ロシアのアムール川から発する流氷が流れ着きます。

この網走市 流氷街道 鱒浦は比較的新しい流氷ウォッチポイントです。

網走の新しい繁華街の駒場からオホーツク海に出る道道を降りると踏切がありますが、その踏切を左折して、数100mいったところにこの流氷街道・鱒浦があります。

ここに流氷が接岸している時の眺めはまさに絶景というしかありません。

ちょっとわかりにくい場所にあるので、見逃しがちですが、素晴らしい流氷ウォッチポイントとして、ぜひ立ち寄ってほしい場所です。

北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 止別川の鉄橋

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 止別川の鉄橋

北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 止別川の鉄橋

JR釧網本線にかかる北海道・オホーツク・小清水町の止別川(やむべつがわ)の鉄橋です。

ここは流氷が接岸すると流氷の見所になるところです。

JRが走っているところを撮影できると最高なのですが、1日往復20本の釧網線では、本当に運が良くないとその光景を目にすることはできません。

でも鉄道を撮影するにはとてもよい環境の所だと思います。オホーツクの絶景となる所だと思います。

北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 能取岬を見つめる

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 能取岬を見つめる

北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 能取岬を見つめる

北海道・オホーツク・網走市の北の能取岬を望むビューポイントです。

流氷が接岸していて、なかなかの光景です。ここから能取岬は遠そうですが、車で5分ぐらいです。

能取岬をずっと見つめていたいような気分にさせます。

オホーツクの流氷を見る素晴らしいポイントに一つです。