オホーツク商店・概要

知床・男の涙

オホーツク商店とは何ですか?

開設者:佐々木夏実

開設者:佐々木夏実

オホーツク商店とは、開設者である佐々木夏実のオホーツクへの思いをWebという形で表現したものです。2005年4月に北海道のオホーツク・小清水町に移住しました。

移住への思いは別に書かせていただきますが、その小清水町に移住して、僕がやってきたことを一つ表現したいと思ったのです。

2005年から2016年まで十年やってきたことを一つの歴史というか、生業を一つにまとめて、そこから展開させたいと思っています。

オホーツクは僕にとってのすべてであるし、活動していく地盤です。その地盤をよりたしかなものとして確立したいという思いもこのWebには込められています。

清里町・神の子池 娘達と一緒に

まだまだいろいろやってみたいこともあるし、これまでにやり残してしまったことも一杯あります。その全部はさすがんい表現していくのは無理としても可能な限りやってみたいと思います。

そういう意味で「オホーツク商店」は何でもありだと思っています。なんでもありだからいろいろな可能性をめざす、そういうWebにして行きたいと思います。

もちろん「オホーツク商店」ですから、いろいろものを売ります。オホーツクの商品をメインに、僕がこだわっているものをいろいろ売って行きたいと思います。僕のこだわりでネットショップを開設します。これまではそれらのサイトはテーマも曖昧でしたが、ぐっとテーマを絞って、分けて展開したいと思っています。

オホーツク商店 ネットショップ

オホーツク商店 ネットショップ

このサイトを立ち上げるために実は影でいろいろ支えてくださった方々がいます。それらの方々に感謝したと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。