オホーツクの魅力学

知床連山

はじめに

「オホーツクの魅力学」と題して、オホーツクに関して自分なりに考えていること、調べたことや綴ったことを一つのコンテンツとして整理してみることにしました。

オホーツク魅力学への招待

水芭蕉

水芭蕉

 オホーツクと地域名称について、横浜から移住する前は、それほど関心がなかったというのが正直なところである。それまで地理教員として、中学生や高校生に北海道をテーマにした授業には積極的に取組み、中学生用の社会科教科書の地理的分野の執筆した。その担当も長いこと北海道であったが、オホーツクというキーワードで北海道を考えたことはなかった。しかし、まさにオホーツクに位置する町に住むようになり、いろいろなところに出入りするようになると、オホーツクという視野を持って物事を考えることの重要性を感じている。その一番のきっかえとなったのは、オホーツクのある町のスーパーマーケットのホームページの制作に関わったときだ。

裏摩周湖展望台

裏摩周湖展望台


 スーパーマーケットとしての地域の中でも歴史のあるところだが、その町の中のスーパーということよりも「オホーツクにあるスーパーマーケットである」ことがサイト構築の中の打ち合わせ等で、何度も繰り返し登場した。その町は実際のところ海には面していないが、日常の生活面でいえば、20分も走れば、海に面した地域にいけるし、人々の生活圏は明らかにオホーツクなのである。「町の中のことはもちろん大事だけど、オホーツクという視野に立って考えると商売をするにあたっては、いろいろな発想が生まれてくるんだよ!」そうした考え方はそれ以外の場面でもいろいろ感じることが多々あった。

小清水原生花園

小清水原生花園

 先日別の町の移住を促進している議会の関係者の方とお会いしたが、自分の町から1時間も車を走らせれば、オホーツクのいろいろな観光地に出かけられる。それはほとんどが町内ではないが、どこにでも行ける環境ということを考えればそれも大事な資源になり、いろいろな地域との連携や連帯も生まれやすい。自分の地域だけでなく、周辺の地域のことにも関心が出てくる。今道内でも町村合併が行われ、網走管内もそれまでの26の自治体から19の自治体に変わった。(今ではオホーツク振興局管内という)今後は単に自治体ろいうレベルでなく、農協のような組織が行政の枠を越えて、合併することもあるかもしれない。

訓子府町の玉ねぎ畑

訓子府町の玉ねぎ畑

 行政区分(自治体)ということから、オホーツクを考えることも一つの視点ではあると思う。具体的な予算を使っていくこととなると市町村レベルでものごとを考えることは大事である。しかし、そうした行政区分ではなしに、人々の生活する空間という視点から、改めてオホーツクという地域をとらえ直していくことも一つの考え方であると思う。オホーツクというグローバルな視野で、そこに潜在的にある「地域が生み出す力」を再認識し、今後オホーツクがどう新しい時代を築き上げるかという視点を「オホーツク魅力学」として構築してはどうかと思っている。

知床峠

知床峠

 日本の歴史的な流れとは、座標軸が北海道の場合は違った存在である。その北海道の中を見てみるとさらに違った座標軸がそこには存在する。

 世界の中のオホーツク、アジアの中のオホーツク、日本の中におけるオホーツク、北海道の中におけるオホーツクという点からグローバルに考えつつ、これまでのオホーツクの地域形成を勉強してみたいと思っている。そこに人々がどうくらし、そのくらしをどう変えてきたか。その中でどんな文化が育てられてきたか。

オホーツクの流氷

オホーツクの流氷

 一方で世界遺産となった知床、ラムサール条約に登録された濤沸湖などに代表される恵まれた自然に対し、これから人々がどのような関わりをして、自然を維持していくか。今ある自然を単に守るというよりも、自然にどう関わり、自然に接する心をどう育てていくかということが大事なのではないかと思っている。

 それは「オホーツクの魅力学」ともいえるものかもしれない。まずは、インターネット上にある「オホーツク」に関する情報発信に学びつつ、一方で、「オホーツク」と題された文献をひもとくことなどから初めてみたいと思っている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。