やっとバイクを引っ張り出して乗り始めました!

やっとバイクを引っ張り出して乗り始めました!

やっとバイクを引っ張り出して乗り始めました!

4月になると無性にバイクに乗りたくなるものです!

 4月に入ってもぞもぞした気分になってきます。それはバイクに乗りたいという気持ちが一杯になってくるからです。

やっとバイクを引っ張り出して乗り始めました!

 ちょっと暖かい日にバイク(スクータ)を預けてある農家の倉庫から出しました。しかし、そのあと娘の引越などがあり、札幌に行っていたのでなかなか乗る機会がなかったのです。

 雪も降って、これは当分乗れないかもと思っていたのですが、ついに乗る日が来ました。

 ラーメンを食べたいという欲求も出てきて、一路小清水町内のラーメン屋にバイクを走らせました。

小清水町内のラーメン

 帰りにはオホーツクの日本の百名山の一つの斜里岳ともバイクの写真を撮りました。

バイクと斜里岳

 やっとバイクに乗れたという思いがこみ上げてきました。やった!2017年のバイクはじめでした!

佐々木夏実

12月10日過ぎのオホーツクの様子(国道391号)

12月10日過ぎのオホーツクの様子(国道391号)

12月10日過ぎのオホーツクの様子(国道391号)

雪がそこそこ降りましたが、除雪が行き届いています!

オホーツクはこのところ毎日のように雪が降っていますが、国道などの主要道路は除雪が結構されていて、車は走りやすくなっています。といってもこのような雪のある生活をしていると走行はそれほど問題がありませんが、普段雪のない生活をされている方にとってみると、たとえ除雪がされていてもいわゆる雪道を走ることは恐ろしいことでしょう!

そういっても雪道は何があるかわかりません。何もないようなところで急に滑ってみたり、場合によっては路肩から大きく突っ込んでみたり、予想もできないことがおこります。このところそういう目にはあっていませんが、急にハンドルがコントロールできなくなることもしばしばあります。

やっぱり雪道は、いつになっても怖いものです。いくらお互い気をつけていても・・・。まあ、できるだけそういう目にはあわないようにしたいと思ってはいますが・・・。

ふとみるといい光景でした!雪が降った赤十字小清水病院

ふとみるといい光景でした!雪が降った赤十字小清水病院

ふとみるといい光景でした!雪が降った赤十字小清水病院

病院の受診を終えて家路に着こうとした時、素晴らしい光景が広がっていました!

病院での受診を終え、投薬をもらって帰ろうとしたとき、そこに広がっている光景にえらく感動しました。

小清水は前日すごい雪が降りました。ちょっと降っては解けるという感じを繰り返していましたが、今度こそ根雪になるという降り方でした、案の定、どこもかしこも雪国の景色になっていました。

ふと見た病院の裏庭の光景は、誰の足跡もなく、きれいな光景でした。こういう光景になぜか感動してしまう自分がいました。

赤十字,小清水,病院,北海道,オホーツク,雪,根雪,裏庭