北海道・オホーツクを旅で乗って見たい鉄道 釧網本線

北海道・オホーツクを旅で乗って見たい鉄道 釧網本線

北海道・オホーツクを旅で乗って見たい鉄道 釧網本線

 北海道・オホーツクを旅する時にぜひ利用したいものに「釧網本線」があります。

 名前の通り釧網本線は、釧路と網走を結ぶローカル線で、約3時間半で結ばれています。車両は、通常気動車が一両(通学時間帯は二両)で運行されています。オホーツクの中では石北本線と並ぶ大事な鉄道ですが、運行本数はそれほど多くなく上下線で10往復しかありません。

 特に緑と川湯温泉の区間は勾配が急で、写真の車両しか運行ができません。緑と川湯温泉の区間の運転本数が少ない理由は、このことがあげられます

 それでもこの列車に乗ってオホーツクを旅する醍醐味はつきなく、オホーツクに来たらどうしてもこの釧網線に乗ってみたいと思う旅行者は多いと思います。

 この釧網線だけでオホーツクを旅するのは、運転本数の関係等からむずかしいと思います。またオホーツクの中を網羅している訳ではありませんので。行きたい場所に行くにはバス等を考えなければなりません。

 しかし、旅行をする人の多くはレンタカーを利用する場合が多いです。その場合、釧網線はある意味で利用しにくいと思われます。

北海道・オホーツクを旅するときに乗って見たい鉄道 釧網本線

 いいたび@オホーツクのガイドツアーの中では、釧網線に乗ってみたいという方のために、ある駅とある駅の区間利用ができるよに配慮して旅を組み立てることができます。JR釧網線に乗って見たいと思うお客様はいいたび@オホーツクのガイドツアーをご利用ください。

廃止が予定されている駅 釧網本線 五十石(こじっこく)駅

廃止が予定されている駅 釧網本線 五十石(こじっこく)駅

廃止が予定されている駅 釧網本線 五十石(こじっこく)駅 この駅はJR釧網本線(網走ー東釧路)の標茶町にある駅です。まさに駅といっても昔の貨物の車掌車の駅です。

この駅はJR釧網本線(網走ー東釧路)の標茶町にある駅です。

 まさに駅といっても昔の貨物の車掌車の駅です。この駅は、JR北海道が標茶町に対して、2017年(平成29年)3月に実施予定のダイヤ改正で当駅を廃止する意向を文書で通達しています。

廃止が予定されている駅 釧網本線 五十石(こじっこく)駅 この駅はJR釧網本線(網走ー東釧路)の標茶町にある駅です。まさに駅といっても昔の貨物の車掌車の駅です。

 その駅にちょっと車を回してみました。駅があることがちょっとわかりにくい駅です。何も標識などがないので、見過ごしてしまいそうな場所にあります。まわりに民家は数件しかないし、利用されている様子はわかりません。

廃止が予定されている駅 釧網本線 五十石(こじっこく)駅 この駅はJR釧網本線(網走ー東釧路)の標茶町にある駅です。まさに駅といっても昔の貨物の車掌車の駅です。

 しかし、駅は理由があって作られていると思います。きっと廃止されると不便になる人が出てくると思われます。なぜ廃止されるのか皆目見当がつきません?

廃止が予定されている駅 釧網本線 五十石(こじっこく)駅 この駅はJR釧網本線(網走ー東釧路)の標茶町にある駅です。まさに駅といっても昔の貨物の車掌車の駅です。

 でも雰囲気がある駅であることはたしかです。