5月になり涛沸湖(網走市・小清水町)の水芭蕉もきれいに咲いています!

5月になり涛沸湖(網走市・小清水町)の水芭蕉もきれいに咲いています!

■毎年のお決まりなんですが、今年も水芭蕉を撮影してきました!

涛沸5月になり涛沸湖(網走市・小清水町)の水芭蕉もきれいに咲いています!

 今年(2017年)も北海道・オホーツクの水芭蕉を見てきました。水芭蕉の群生地はあちこちにありますが、僕はこの涛沸湖の水芭蕉が好きです。森の中で湖が近い場所というのは、ロケーション的にもいうことはない場所だと思っています。

 ガイドをする際にもこの時期はこの涛沸湖の水芭蕉は、絶対ご案内します。そして、お客様に本当に喜んでいただいております。

 毎年、ご案内して良かったと思う場所です!水芭蕉を思う心を大切にしたいと思います。


北海道網走市北浜駅 知床連山が見える!流氷も?

北海道網走市北浜駅 知床連山が見える!流氷も?

■知床連山がきれいに見れそうなので、JR釧網線の北浜駅によってみました!

北浜駅展望台から見える知床連山

天気は思いっきり快晴で、気温もそれなりに上がっているなかなかいい条件です。

北浜駅から見えるオホーツク海

さっそく駅に設置してある展望台に登って見ました。展望台の掲示板とほぼ知床連山と同じ光景がみることができます。それだけ天気が良いということでしょう。

展望台の掲示場と同じ光景

そして沖を望むと白い流氷帯らしきもの見えます。望遠レンズで確認して見るとあれはたしかに流氷帯です。目の前はあたかも「海明け」の化外ですが、沖にはたしかにまだまだ流氷がいるのです。たしかに流氷情報の写真を見ると割合近くに流氷がいることが確認できます。

沖に流氷帯が見えます
流氷情報の地図

今年の流氷は限りなく遅い時期までいてくれているようです。流氷が近くにいることを感じられた1日でした!

2017年2月21日の網走市・オホーツク団地前の海岸から・・・

2017年2月21日の網走市・オホーツク団地前の海岸から・・・

2017年2月21日の網走市・オホーツク団地前の海岸から・・・

 今日は場所を変えて、網走市の鱒浦と北浜の途中にあるバス停「オホーツク団地」前から流氷を撮影して見ました。

 とにかく風が強くて、立っているのだけでもちょっと厳しいぐらいの風です。画面を見ているだけではそれはあまり感じられないかもしれませんが、ぜひ音をいっしょに聞いてほしいです。

 一般的にオホーツク海側は、風が強いのが特長で、その特長をよく表していると思います。

 立っているだけで、本当に大変でした!

 このまま流氷が居続けてくれるのか、ただ願うばかりです!

◆流氷見学と流氷堪能ツアーは「いいたび@オホーツク」で!

◆一名様から五名様までガイドツアーを実施ています。(6:00-1700)

◆お電話:090-1656-0760

いいたび@オホーツクのWebからどうぞ!

2017年2月8日(水)の網走市・流氷鱒浦での流氷

2017年2月8日(水)の網走市・流氷鱒浦での流氷

2017年2月8日(水)の網走市・流氷鱒浦での流氷 いいたび@オホーツク

今日はガスっていて流氷がよく見えませんが、網走地方は接岸しています!

 今日はガスっていて沖合の状況はよく見えませんでしたが、確実に接岸している状態だと思います。ここ流氷鱒浦は、割合新しい流氷を見るポイントです。看板もあり、一目で流氷の見所のポイントであることがわかります。

 網走らしい流氷が見えるポイントとして、最近はここを訪れる人も多いです。網走市の鱒浦駅からはちょっと遠いですが、流氷が見える素晴らしい場所です。今日はちょっとそれがわかりにくいですが・・・。

 明日もご期待ください!

2017年2月8日(水)の網走市・流氷鱒浦での流氷 いいたび@オホーツク

流氷が一気に戻ってきた感じです!

流氷が一気に戻ってきた感じです!

北浜駅から見える流氷

2017年2月7日(火)のオホーツク・網走市JR釧網線北浜駅の流氷

 昨日は流氷が沖に行ってしまってこのまま帰ってこなかったらどうしようとまで考えたのですが、それは考えすぎだったようで、北風に乗って、各地に流氷は戻ってきました。なぜか一安心してしまうきもちわかりますか?

 僕がオホーツクに移住した年の2005年は、流氷が見事に接岸したもの、翌日以降2度と接岸はせずに沖に行きっぱなしになってしまったからです。そうなってしまってはもともこうもありません。だから流氷のことは信じたいけど、裏切られる場合が多いことを想定していまします。

 しかし、今回はしっかり戻ってきました。

【今日の流氷 動画】

 北浜駅に行ったとき、列車が到着してしていました。この列車は北浜駅で20分間停車して流氷と接する機会をもとうというある意味の企画列車です。JR釧網線に乗って、流氷を楽しめるということはすごいいいことだと思います。

流氷と列車

 また明日の流氷に期待しましょう!