■知床峠に行ってみよう!最高の気分になれます!

■知床峠に行ってみよう!最高の気分になれます!

北海道・オホーツクの知床に行くのであれば、知床峠は外せません!

知床峠に行ってみよう!最高の気分になれます!

知床峠は、知床の中でも車で行けるところとしては最高峰になります。標高は知床連山の尾根筋の中にある738mになります。

知床峠に行ってみよう!最高の気分になれます!

斜里町のウトロと羅臼町の中心街とを結ぶ知床横断道路の頂上です。

ここの眺めのポイントは何といっても「羅臼岳」のスケールの大きい眺めです。標高1,661mの羅臼岳がダイレクトで見れる絶好の撮影ポイントにもなります。この眺めは絶品です!

7月下旬でも残雪が残り、ここから見る羅臼岳の紅葉が素晴らしく!天気が良ければ遠く北方領土国後島も見ることができます。

知床峠に行ってみよう!最高の気分になれます!

知床峠は、北海道目梨郡羅臼町と斜里郡斜里町の境にある国道334号の分岐点となっています。根室振興局とオホーツク総合振興局の境界にもなっています。

知床峠に行ってみよう!最高の気分になれます!

知床峠に行ってみよう!最高の気分になれます!

冬期間(概ね10月下旬~4月下旬)は延長23.8kmの区間が積雪が厳しく通行止めとなります。

知床に行くならこの知床峠は外してはならない場所の一つといっても過言ではありません。

知床峠に行ってみよう!最高の気分になれます!

北海道の知床で、かしわの新芽に出会えました!

北海道の知床で、かしわの新芽に出会えました!

北海道の知床で、かしわの新芽に出会えました!

知床に生息しているかしわの木です。落葉樹ですが春の新芽の時期まで葉を落とさないのが特徴です。

寒さが厳しい中でも新芽が出てきました。春が近いことをやっと感じることができました。

かしわ・・・ありがとう!

■【動画あり】北海道の知床・ウトロに流氷が戻ってきた!

■【動画あり】北海道の知床・ウトロに流氷が戻ってきた!

2018年3月16日(金)の流氷堪能ツアー

動画あり】北海道の知床・ウトロに流氷が戻ってきた!

北海道の網走市では、流氷が青い海にポコンと残っている程度でしたが、知床のウトロでは、しっかり流氷が戻ってきていました。

知床半島の付け根の峰浜の「天に続く道」で海を見ると白い太いものが見えました!これは流氷だと想いウトロに向けて車を走らせたら、道路が海の横を通りあたりから流氷一色に変わっていきました。

動画あり】北海道の知床・ウトロに流氷が戻ってきた!

動画あり】北海道の知床・ウトロに流氷が戻ってきた!

動画あり】北海道の知床・ウトロに流氷が戻ってきた!

その流れは、私たちがフレペの滝でスノーシューツアーをやっているときも変わりませんでした。強風がすごかったのですが、そこから見た流氷は見事でした。

動画あり】北海道の知床・ウトロに流氷が戻ってきた!

お昼にランチを取ったレストランで話を聞くと流氷はこの日になって急にもどってきたとのことです。本当にラッキーまさに流氷三昧に明け暮れた一日となりました。

動画と写真は、ウトロの手前で撮影しました!

【動画】

■【動画あり】流氷はガッチリ接岸していました!密度が濃くなってきました!

■【動画あり】流氷はガッチリ接岸していました!密度が濃くなってきました!

■2018年2月23日の流氷 網走市JR釧網線北浜駅

2018年2月23日の流氷 網走市JR釧網線北浜駅

今日の流氷は密度が濃く、かなり岸に迫って幾重に重なっているものもありました。撮影場所のJR釧網線北浜駅は、流氷見物の名所になっていて、専用の展望台があります、

展望台に登るとまさに流氷三昧です。流氷は本当にぎっしりでこれだったら当分定着しているように思えますが、南風が吹くとあっという間にいなくなってしまうのも流氷です。

展望台からは、遠くには知床連山。斜里岳、海別岳が見えるはずなのですが、今日は晴れているにもかかわらず見えません。きっと山々の付近でガスが発生しているのでしょう!

2018年2月23日の流氷 網走市JR釧網線北浜駅

ちょうど立ち寄った頃にJR釧網線の快速の「知床」が停車していました。快速は1日に上下1往復です。普通も合わせて1日に10往復程度の路線ですが・・・。

2018年2月23日の流氷 網走市JR釧網線北浜駅

北浜駅には駅舎に「停車場」というレストランが併設されています。料理はなかなかです!ぜひ一度召し上がってください!

2018年2月23日の流氷 網走市JR釧網線北浜駅

■今日も流氷の動画を掲載します!

■北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

■北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

【概要】今からでも間に合う流氷堪能ツアーです。

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!
北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!
北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

青かった海が1日にしてロシアから流れてくる流氷によって真っ白になります!

流氷は北海道オホーツクの風物詩です、例年ですと2月の上旬から3月にかけてオホーツクの海を埋め尽くします。

このツアーはその流氷にこだわって、流氷が訪れる地域を徹底的に回って、まさに流氷を堪能しようというものです。

このツアーでまわる地域は、その日に流氷が接岸している地域によって変わります。流氷は常に動いています。毎日移動しています。場合によっては、遠く沖へ離れてしまうこともあります。

行き先は。紋別、湧別、佐呂間、網走(能取岬、二ツ岩、藻琴海岸。JR北浜駅、小清水(浜小清水フレトイ海岸、止別鉄橋)斜里(以久科)、ウトロ(知床)と変化します。

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

限りなく流氷に迫って、場合に寄っては流氷にしっかり触ってみるという挑戦もします。

知床では、スノーシューをはいて、フレペの滝まで行って、流氷の絶景を眺めてみようと思っています。

このように流氷堪能ツアーではその日の流氷の動向に合わせて、地元のガイドが流氷を思いっきり堪能させます。

【オプション等】

◆場合によっては、流氷船。オーロラ号、ウトロの流氷ウォークなどとの併用も可能です。(それぞれ別途費用が必要です。)

◆流氷堪能ツアーガイドがご案内する時間は、で3時間、1日で6時間になります。延長する場合は「延長料金」を申し受けます。

◆場所は解散場所はお客様の都合に合わせます。ただし、集合場所が遠隔地の場合は、例えば、釧路空港・中標津空港。紋別空港などへの送迎を吹くも場合などは「遠方料金」を申し受けます。延長料金・遠方料金についてはお問い合わせください。

◆スノーシューを使用する場合は、スノーシューのレンタル料を申し受けます。レンタル料金は、お一人様1,000円です。子どもさんに子ども用のかんじきをご用意します。(無料)

◆服装についてはお客様にお任せしますが、できるだけ暖かい服装をしてください。長靴に関してはレンタルの用意があります。靴のサイズをお申し付けください。

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

★流氷堪能ツアー料金(消費税別途)

★1名で参加の場合

  • 半日 10,000円~
  • 1日 20,000円~

※ 送迎の場所等で多少料金に違いが出てまいります。

★2名で参加の場合(2名合わせての料金)

  • 半日 14,000円~
  • 1日 28,000円~

※ 送迎の場所等で多少料金に違いが出てまいります。

★3名で参加の場合(3名合わせての料金)

  • 半日 20,000円~
  • 1日 40,000円~

※ 送迎の場所等で多少料金に違いが出てまいります。

★4名で参加の場合(4名合わせての料金)

  • 半日 24,000円~
  • 1日 48,000円~

※ 送迎の場所等で多少料金に違いが出てまいります。

5名以上で参加も可能です。ガイド料金に関してはお問い合わせください。

■注意事項

  • お客様の自家用車、レンタカーにガイドがいっしょに乗車することを基本としますが、5名様までのご参加の場合はガイドの車に便乗することも可能です。
  • 当日の天候等によって、ご相談した目的地を変更する場合があります。
  • 一週間前のお客様のご都合によるキャンセルについてはガイド料の50%を、前日・当日のキャンセルについては、ガイド料の100%を申し受けます

流氷堪能ツアーのお申し込みは「ツアーお申し込みについて」をクリックしてください!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

北海道・オホーツク流氷堪能ツアーに参加しよう!

■全面的に流氷が接岸していた知床・フレペの滝 スノーシューツアー

■全面的に流氷が接岸していた知床・フレペの滝 スノーシューツアー

2018年2月12日の流氷 プライベートツアー いいたび@オホーツク

快晴に恵まれた2018年2月12日(月・祝)に北海道・知床のフレペの滝にお客様とスノーシューツアーに出かけました。

この日は網走などでは流氷が沖合に戻ってしまったのですが、知床では全面接岸でした!

全面的に流氷が接岸していた知床・フレペの滝 スノーシューツアー

全面的に流氷が接岸していた知床・フレペの滝 スノーシューツアー

全面的に流氷が接岸していた知床・フレペの滝 スノーシューツアー

全面的に流氷が接岸していた知床・フレペの滝 スノーシューツアー

全面的に流氷が接岸していた知床・フレペの滝 スノーシューツアー

全面的に流氷が接岸していた知床・フレペの滝 スノーシューツアー

スノーシューは割合ベテランの奥様とスノーシュー初体験のご主人とお二人のお客様とフレペの滝周遊コースをスノーシューで歩きました。

コースは意外と本来の周遊コースとは違って草原を直行する横断コースになっていました。

滝の上に上がって水が落ちる音が聞こえます。水の落ちる音は気持ちがいいものです。

滝が見える展望台に行って、ゆっくりと滝を眺めました。滝は地面の中を流れてきて、滝のある場所で水が落ちる格好になります。川では滝は知床では珍しくありません。

帰り道にぜひやってみたいと雪に寝る挑戦をしました。ヘルメットをかぶっているので安心して後から雪の中に倒れていきました。

全面的に流氷が接岸していた知床・フレペの滝 スノーシューツアー

楽しいフレペに滝のスノーシューツアーでした!

いいたび@オホーツクのガイドツアー:スノーシューツアーの詳細は以下でご確認ください!

いいたび@オホーツクのガイドツアー:スノーシューツアー

■北海道・知床・神の子池へのスノーシューツアーへのお誘い

■北海道・知床・神の子池へのスノーシューツアーへのお誘い

■スノーシューガイドツアーは本当に楽しいですよ!

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

 私は北海道・知床・神の子池でスノーシューのガイドツアーを企画・実施させていただいている「いいたび@オホーツク」のガイドの佐々木夏実と申します。

いいたび@オホーツク主宰者:佐々木夏実

 北海道・オホーツク地方は、これら深い雪に覆われます。雪に覆われますと楽しい「スノーシュー」で美しい森の中を歩くツアーが可能になります。スノーシューは雪の上を歩くために作られた雪にもぐらないで歩くことのできるかんじきの現代版です。スノーシューを履いて歩くと雪のある大地の上を自由に歩くことができます。これはある意味で革命とも言えます。

 そのスノーシューを履いて、森の中を歩き回るのがスノーシューツアーです。スノーシューを履けば、普段行けない場所にも行くことができます。

 いいたび@オホーツクでは、北海道・オホーツクでスノーシューツアーを行う場所として、斜里町の知床のフレペの滝と清里町の神の子池でご用意しています。

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー:知床・フレペの滝
いいたび@オホーツクのスノーシューツアー:清里町・神の子池

■斜里町・知床・フレペの滝コース

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

 フレペの滝は、だいたい所用時間一時間半です。最初は、森の中を後半は広い大地の中を歩いていきます。背後に知床連山と前には2月であれば大海原に広がる流氷を見ることができます。そして目的地のフレペの滝の展望台に行けば、半分凍ったフレペの滝を見ることができます。ツアーの途中では、鹿さん達と遭遇するかもしれません。森の中の素晴らしい光景も魅力です。

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

■清里町・神の子池コース

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

 神の子池は、もよりの道道から雪に覆われた林道に入っていきます。雪の季節は車が入れなくなるためスノーシューで入らなければなりません。所要時間は往復約二時間半、少し登りの場所もありますがだいたいは平坦なコースです。基本的には森の中の林道を歩きますが、時には林道を外れて誰も歩いたことのない雪の中へはいって、小川のせせらぎなど感じていただきます。目的地の神の子池はそれは素晴らしいエメラルドグリーンの池です。雪の白さとコントラストがとっても良いです。

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

■スノーシューツアーの服装

いいたび@オホーツクのスノーシューツアーの服装

 基本的にスキーをする格好で大丈夫です。ダウンジャケットに防寒用のオーバーパンツでOKです。いいたび@オホーツクのサイトでも服装関係は、各種いろいろご紹介させていただいています。

 靴は長靴が良いです。長靴がご用意できない場合は、いいたび@オホーツクでご用意することもできます。(長靴のレンタル費用は無料)

 スノーシューツアーでは、転倒する危険性がありますので、できたらスキー用のヘルメットを用意した方がよいです。これもいいたび@オホーツクのガイドの方で用意させていただくこともできます。(ヘルメットのレンタル費用も無料)いいたび@オホーツクのサイトでも各種いろいろご紹介させていただいています。

■スノーシューツアーの費用

 いいたび@オホーツクのガイドツアーの半日あるいは1日コースを適用します。詳細はガイド料金表をご覧ください。なお、スノーシューのレンタル費用でお一人様1000円をいただいております。

それでは楽しく知床や神の子池でスノーシューツアーに行きましょう!

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

■スノーシューツアーのご予約

いいたび@オホーツクのスノーシューツアー

■秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝

■秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝

しっかり静まりかえったフレペの滝もそれなりの趣があります!

■秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝

 冬を前にした北海道知床フレペの滝を歩いて見ました。ここはいつ来ても四季折々の景観を見せてくれます。

 フレぺの滝の入口となっている知床自然センターをスタート地点にして、約1時間の探訪となります。

 まず最初は知床の森の中の景観です。森の中の小道はずしっりとした感覚があります。この森の中を歩いているとちょっとの雨は気にならないほどです。

 森をのけると広々とした草原に出ます。この草原は風の通り道にになってできたといわれています。山菜の残骸が一杯です。国立公園のため採集がきんしされているからです。ちょっともったいないような・・・。

 草原からウトロの灯台へ向かう遠路は、雪に覆われるまで外れることはできません。

 灯台の近くから左折して、滝の上に出ます。滝の音はかすかに聞こえますが、滝は見えません。

 滝を見るためには、フレペの滝の展望台まで歩かなければなりません。

 展望台から見るフレペの滝とそこから見えるオホーツク海はやはり絶景です。

 いいたび@オホーツクのガイドツアーで冬もフレペの滝を歩いて見ませんか!

秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝
秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝
秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝
秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝
秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝
previous arrow
next arrow
Slider

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

今年は紅い色がきれいな紅葉です。

いつもは黄色が主体の北海道の紅葉ですが、今年はまさに紅葉になっていました。もちろん全体は黄色が主体ですが、紅い色が目立っていました。

こう紅いと写真撮影にも常に熱が入ってしまいますね。

北海道・オホーツクの知床の地図にない幻のポンホロ沼のまさに紅葉をご覧ください!

いいたび@オホーツクのガイドで北海道・オホーツクのを撮影しませんか!まだ間に合います!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

冬を前にした秋の北海道・オホーツク・知床を楽しみませんか!

冬を前にした秋の北海道・オホーツク・知床を楽しみませんか!

◆もうすぐ北海道・オホーツクは冬に季節に入ります!

冬を前にした秋の北海道・オホーツク・知床を楽しみませんか!

 真っ白な雪の世界に入る前の北海道・オホーツクは今秋の深まりを感じています。標高の高いとこでは雪の話も出ている今日この頃です。

 しかし、まだまだ本格的な冬を迎えるのは、一ヶ月以上先のことだと思います。

 そういった秋深い北海道・オホーツク・知床の秋を感じてみませんか!

●知床五湖

知床五湖

知床五湖

 代表的な「知床五湖」は入場の際にレクチャーを受けるだけで五湖全周が可能です。知床五湖の秋は、深い世界を持っています。一湖、一湖に世界があります。そんな知床五湖をゆっくりと全周して見るのは秋ではならではのものです。

●ポンホロ沼

ポンホロ沼

ポンホロ沼

 地図に描かれていない知床の秘境である「ポンホロ沼」を歩いてみるのも興味深いです。ここの森は知床でも一番原生林が生い茂っていて気持ちが良いところです。沼は6月ぐらいしか見れませんが、沼のあった場所を歩いて見るのも趣があって良いものです。

●フレペの滝

フレペの滝

フレペの滝

フレペの滝

 海に突き出た展望台まで行かないと滝が見えない「フレペの滝」も秋ならでは雰囲気があり外せないところです。滝にたどり着く前に天気が良い日には知床連山が一望できます。

 知床の秋は冬が目の前だからこそ価値があります。知床の秋、一緒に歩いて見ませんか!

 いいたび@オホーツクのガイドの佐々木夏実がご一緒します。

いいたび@オホーツク・ホームページ