パソコンのストレージの主流はSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)です。

パソコンのストレージの主流はSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)です。

ITサポート@オホーツク

これからの時代はSSDを使いましょう!ハードディスクはデータを保管場所に!

SSD

これまでパソコンにはハードディスクが使われていきました。しかし、これに変わる新しいメディアとしてSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が注目されてきており、最近の新品のパソコンにはSSDが搭載されているものが増えてきました!

なぜ、SSDが注目されているかというとパソコンを高速に起動し、動作させるからです。我が家のパソコンは4台ありますが、すべてSSDに積み替えました。それだけSSDは高速に動作します。

ちょっと古いパソコンでもハードディスクからSSDに変更することでまったくこれまでと違うパソコンに生まれ変わります。我が家のパソコンの中には古いCore2DuoをCPUに使っているものがありますが、これもストレスなく動作しています、

起動が遅いパソコンの場合これまでメモリの容量が少ないことがあげられましたが、SSDはメモリの増設とは比べるものにならないくらいその威力と高速性を体感できます。

プログラムの入っている領域(パソコンでいえばCドライブにあたる部分)は、SSDで動かし、データを保存する部分には従来のHDDを使うというのが経済的です。

SSD

これまでのHDDで使っていたシステムをSSDに変更しようとするとちょっと大変です。まったく違ったシステムにするわけですから、当然ですが。HDDを簡単にSSDに変更することもできないわけではありませんが、どうせならまっさらな状態でシステムを構築した方が良いです。

ITサポート@オホーツクでは、HDDからSSDへの載せ替え作業を有料になりますが、安価に行っています。システムを入れ替えるにはいくつか気をつけることがありますが、それを確実に守っていけば、確実に高速な環境が得られます。

この際、パソコンのシステムを高速化するにあたってSSDに変更することをオススメします。

詳細はITサポート@オホーツクへ

電話:090-1656-0760

電子メールでのお問い合わせ:ホームページより

240GBのSSD