■北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 網走市 流氷が来た日 北浜

■北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 網走市 流氷が来た日 北浜

北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 網走市 流氷が来た日 北浜

2019年1月13日(日)例年より早く流氷が来ました。この写真は流氷初日の翌日の写真です。沖に一筋の流氷が見えています。

2019年の流氷の到来です。これにより今年もいよいよ流氷シーズンの開始です。

オホーツクでガイドツアーを実施している「いいたび@オホーツク」もいよいよ流氷ツアーの開始です。

いてもたってもおられないお客様より早くもご予約をいただきました。

いいたび@オホーツクのガイドツアーである流氷堪能ツアーのご予約は、ホームページから承っております。

いいたび@オホーツクホームページ

お電話:090-1656-9760

今年もいいたび@オホーツクのガイドツアーをよろしくお願いいたします。

■北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 網走市 流氷街道 鱒浦

■北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 網走市 流氷街道 鱒浦

北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 網走市 流氷街道 鱒浦

北海道・オホーツクには例年だと1月の下旬から2月・3月にかけて、ロシアのアムール川から発する流氷が流れ着きます。

この網走市 流氷街道 鱒浦は比較的新しい流氷ウォッチポイントです。

網走の新しい繁華街の駒場からオホーツク海に出る道道を降りると踏切がありますが、その踏切を左折して、数100mいったところにこの流氷街道・鱒浦があります。

ここに流氷が接岸している時の眺めはまさに絶景というしかありません。

ちょっとわかりにくい場所にあるので、見逃しがちですが、素晴らしい流氷ウォッチポイントとして、ぜひ立ち寄ってほしい場所です。

■北海道 オホーツク冬の一枚 秀峰斜里岳

■北海道 オホーツク冬の一枚 秀峰斜里岳

北海道 オホーツク冬の一枚 秀峰斜里岳

オホーツクはこのところあまり雪は降っていませんが、今日は風が強くて、そのために雪が舞っています。

この写真は雪が舞う前の写真であまり雪はありませんが・・・この後結構降りました!

それにしても素晴らしい天気に秀峰ですね!

■北海道・オホーツク冬の一枚 大空町メルヘンの丘の夕景

■北海道・オホーツク冬の一枚 大空町メルヘンの丘の夕景

北海道・オホーツク冬の一枚 大空町メルヘンの丘の夕景

今回は北海道・オホーツク冬の一枚として、大空町女満別メルヘンの丘の夕景を紹介します。

このメルヘンの丘は歴とした農地で農閑期には、小麦・ジャガイモ・ビート(甜菜・砂糖大根)が栽培されています。

それが冬になると一面の雪で農地であることが一見ではわからなくなっています。しかし、ここは農地なのです。

しかし、この景観はみごととしか言いようがありません。最寄りの女満別空港からは10分ぐらいの距離ですが、ここの存在を知らずに先を急いでしまってまだ見たことがないという方もいらっしゃいます。

昼間も見事ですが、夕景もなかなか良いところです。

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 弟子屈町・摩周湖

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 弟子屈町・摩周湖

北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 弟子屈町・摩周湖

弟子屈町に位置する摩周湖第一展望台からの絶景です。

背後にそびえるのは斜里岳です。

弟子屈町をオホーツクというのはどうだという意見が聞こえてきそうですが。オホーツクの周辺ということで理解していただければと思います。

それにしても摩周湖の眺めはまさに絶景というしかないでしょう。

この時期は第3展望台も裏摩周も通行止めで行くことができないので、冬の眺めとしては第一展望台に限られます。

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 止別川の鉄橋

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 止別川の鉄橋

北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 止別川の鉄橋

JR釧網本線にかかる北海道・オホーツク・小清水町の止別川(やむべつがわ)の鉄橋です。

ここは流氷が接岸すると流氷の見所になるところです。

JRが走っているところを撮影できると最高なのですが、1日往復20本の釧網線では、本当に運が良くないとその光景を目にすることはできません。

でも鉄道を撮影するにはとてもよい環境の所だと思います。オホーツクの絶景となる所だと思います。

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 能取岬を見つめる

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 能取岬を見つめる

北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 能取岬を見つめる

北海道・オホーツク・網走市の北の能取岬を望むビューポイントです。

流氷が接岸していて、なかなかの光景です。ここから能取岬は遠そうですが、車で5分ぐらいです。

能取岬をずっと見つめていたいような気分にさせます。

オホーツクの流氷を見る素晴らしいポイントに一つです。

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 2018年の流氷初日

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 2018年の流氷初日

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 2018年の流氷初日

今年2018年の北海道・オホーツク・浜小清水・フレトイ海岸に初めて流氷がやってきたい=流氷初日は、2月7日でした。

果たして来年2019年の流氷初日=フレトイ海岸はいつのなるでしょう!

これはクイズです。あった方には佐々木より抽選で一名の方に商品を贈呈します。といっても僕が出す商品ですから、あまり高額なものは期待しないでください。オホーツクらしいものを考えます。

皆さんごぞって参加してください。このメッセージのコメント欄に記入してください。

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 積雪前のフレペの滝

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 積雪前のフレペの滝

北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 積雪前のフレペの滝

2018年12月6日は中国は雲南省出身のお客様と知床のツアーをしました。

お客様は日本語はあまり得意でないですが、猛勉強中とのこと!

でも強い味方がありました。中国語と日本語を瞬時に翻訳してくれるスマホのアプリです。

僕が日本語でスマホに語りかけると即中国語に翻訳してくれます。

これによって日常的な会話はまったく問題なくできます。非常に素晴らしいものです。

しかし、問題はインターネットに接続できないとこれも使いものになりません。

「No internet」彼はいいます。そこで英語ができるかと尋ねられて、「a little」ちょっとはできると答えると英語での会話も始まりました。

これは面白かったです。中国の本土の人は英語がだめという先入観があったのですが、英語もOKとわかって安心してガイドを続けることができました。僕のささいな英語でも問題なく通じました!

ということで雪の全くないフレペの滝の様子です。雪がなくてもフレペの滝の素晴らしさには感動されていました。

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 知床 プユニ岬

■北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 知床 プユニ岬

北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 知床 プユニ岬

知床のウトロから知床自然センターへ向かう途中の上り坂にある絶景です。

プユニとはアイヌ語で「穴のあるところ」を意味しています。

ここの絶景は、流氷をダイレクトに広さを感じることのできる名所です。

いいたび@オホーツクのガイドツアーで知床の流氷を見るときは必ずこの場所へ行くことにしています。

その大胆な流氷に感動を覚えると思います。