■秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝

■秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝

しっかり静まりかえったフレペの滝もそれなりの趣があります!

■秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝

 冬を前にした北海道知床フレペの滝を歩いて見ました。ここはいつ来ても四季折々の景観を見せてくれます。

 フレぺの滝の入口となっている知床自然センターをスタート地点にして、約1時間の探訪となります。

 まず最初は知床の森の中の景観です。森の中の小道はずしっりとした感覚があります。この森の中を歩いているとちょっとの雨は気にならないほどです。

 森をのけると広々とした草原に出ます。この草原は風の通り道にになってできたといわれています。山菜の残骸が一杯です。国立公園のため採集がきんしされているからです。ちょっともったいないような・・・。

 草原からウトロの灯台へ向かう遠路は、雪に覆われるまで外れることはできません。

 灯台の近くから左折して、滝の上に出ます。滝の音はかすかに聞こえますが、滝は見えません。

 滝を見るためには、フレペの滝の展望台まで歩かなければなりません。

 展望台から見るフレペの滝とそこから見えるオホーツク海はやはり絶景です。

 いいたび@オホーツクのガイドツアーで冬もフレペの滝を歩いて見ませんか!

秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝
秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝
秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝
秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝
秋が深まった北海道・オホーツク・知床・フレペの滝
Arrow
Arrow
Slider

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

今年は紅い色がきれいな紅葉です。

いつもは黄色が主体の北海道の紅葉ですが、今年はまさに紅葉になっていました。もちろん全体は黄色が主体ですが、紅い色が目立っていました。

こう紅いと写真撮影にも常に熱が入ってしまいますね。

北海道・オホーツクの知床の地図にない幻のポンホロ沼のまさに紅葉をご覧ください!

いいたび@オホーツクのガイドで北海道・オホーツクのを撮影しませんか!まだ間に合います!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

北海道・オホーツクの知床のポンホロ沼に行って紅葉を撮影してきました!

冬を前にした秋の北海道・オホーツク・知床を楽しみませんか!

冬を前にした秋の北海道・オホーツク・知床を楽しみませんか!

◆もうすぐ北海道・オホーツクは冬に季節に入ります!

冬を前にした秋の北海道・オホーツク・知床を楽しみませんか!

 真っ白な雪の世界に入る前の北海道・オホーツクは今秋の深まりを感じています。標高の高いとこでは雪の話も出ている今日この頃です。

 しかし、まだまだ本格的な冬を迎えるのは、一ヶ月以上先のことだと思います。

 そういった秋深い北海道・オホーツク・知床の秋を感じてみませんか!

●知床五湖

知床五湖

知床五湖

 代表的な「知床五湖」は入場の際にレクチャーを受けるだけで五湖全周が可能です。知床五湖の秋は、深い世界を持っています。一湖、一湖に世界があります。そんな知床五湖をゆっくりと全周して見るのは秋ではならではのものです。

●ポンホロ沼

ポンホロ沼

ポンホロ沼

 地図に描かれていない知床の秘境である「ポンホロ沼」を歩いてみるのも興味深いです。ここの森は知床でも一番原生林が生い茂っていて気持ちが良いところです。沼は6月ぐらいしか見れませんが、沼のあった場所を歩いて見るのも趣があって良いものです。

●フレペの滝

フレペの滝

フレペの滝

フレペの滝

 海に突き出た展望台まで行かないと滝が見えない「フレペの滝」も秋ならでは雰囲気があり外せないところです。滝にたどり着く前に天気が良い日には知床連山が一望できます。

 知床の秋は冬が目の前だからこそ価値があります。知床の秋、一緒に歩いて見ませんか!

 いいたび@オホーツクのガイドの佐々木夏実がご一緒します。

いいたび@オホーツク・ホームページ

北海道オホーツクの知床・フレペの滝

北海道オホーツクの知床・フレペの滝

9月の初旬に北海道オホーツクの知床・フレペの滝に行ってきました。

北海道オホーツクの知床・フレペの滝

 午前中は雨が降っていたのですが、午後ぐらいからかなりいいお天気になり、知床のフレペの滝を最高の環境で堪能することができました。

 オホーツクの天気は変わりやすく、一日中雨が降り続くということはあまりありません。この日も午後から急に天気が良くなってきました。

 フレペの滝(乙女の涙という別称があります。これに対峙するかのように北には「男の涙」という場所があります。)は、知床自然センターから入って行きます。

知床 いいたび@オホーツクのガイドツアー

知床 いいたび@オホーツクのガイドツアー

知床 いいたび@オホーツクのガイドツアー

 知床自然センターから森の中をしばらく進み、木が生えにくいだだ広い草原を歩いて行くと、プレぺの滝のにでます。しかし、滝は見えません。後を振り向くと知床連山(羅臼岳・三峰・サシルイ岳・オッカバケ岳・南岳。知円別岳・硫黄山)の景観が素晴らしいです。雲が一つもないような環境だと本当に素晴らしいですね。

 そしていよいよ展望台に着くとフレペの滝の全貌が見えてきます。フレペの滝は、川から滝になっているのではなく。川がなく地面の下を流れてきて、海に流れ落ちます。

 本当にここの景観は素晴らしいです。時に晴れているときは最高ですね!

知床を代表する知床五湖の地上散策は8月1日から個人でも可能

知床を代表する知床五湖の地上散策は8月1日から個人でも可能

知床を代表する知床五湖の地上散策は8月1日から個人でも可能

7月31日まで知床五湖の個人での地上散策は、専任のガイドが引率しないとできませんでしたが、8月1日からは個人での散策が可能になります。

ただし、知床五湖の地上散策路に入るためには、事前に担当者のレクチャーを受けることが必須ですが、それを受講すれば問題なく、知床五湖のすべての散策路を歩くことができます。

いいたび@オホーツクのガイドは、専任のガイドではないため、7月31日までは知床五湖に入ることができませんでしたが、8月1日からは、入ることが出来るようになり、お客様を案内することが可能になります。

知床五湖

いいたび@オホーツクのガイドは、もともと知床五湖も大事なフィールドとして、ガイドしていました。そのガイドの能力は専任のガイドとひけをとりません。

知床五湖では、原生林の中に点在する神秘的な五つの湖を全て巡ります。そのガイドもいいたび@オホーツクにお任せください!

楽しい知床での旅の思い出を作ります。

知床五湖の自然ガイドはいいたび@オホーツクのガイドツアーで充実した体験をしてください。

知床五湖

いいたび@オホーツクのガイドツアーのお問い合わせ

いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、お一人のお客様からでも大歓迎!

いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、お一人のお客様からでも大歓迎!

一人旅

北海道道東オホーツクの旅ガイドを行っている「いいたび@オホーツク」では、一人旅のお客様でも安心してガイドツアーに参加できます。

ガイドのある旅は、その地域の穴場を熟知しているガイドに頼って旅すると格別な旅になります。

女満別空港のひまわり畑

オホーツクにはたくさんの旅ガイドがいますが、お一人のお客様がOKなガイドは意外と少ないです。

いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、お一人のお客様から安心してガイドツアーに参加できます。

サクラの滝でのマスの滝上り

いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、お客様のご要望とご希望によりガイド地を選定して、納得の行く旅を実現します。

お一人でオホーツクを旅するなら「いいたび@オホーツク」のガイドツアーをご検討ください。

神の子池

まずはお電話して見て下さい。

Webから専用フォームで連絡ができます。

知床五湖

知床の奥座敷である「ポンホロ沼」の行ってきました!

知床の奥座敷である「ポンホロ沼」の行ってきました!

ポンホロ沼

知床の生態系を思い存分体験できます!

 知床五湖やフレペの滝、知床峠は、知床を散策するときの定番になっていますが、今回はちょっと違う角度から知床を散策してみました。

ポンホロ沼入口

 ウトロから知床自然センターを通過して、知床横断道路に入って、数分登ったところに入口がありますが、藪に覆われていて初めての人だったらちょっとわかりにくい場所から知床の森に入って行きます。藪に覆われているので、こんなところにはまさかないだろうという場所です。その奥にポンホロ沼と場所があります。

枯れた川

 しかし、その藪を抜けると道がちょっと広くなって、遊歩道になっています。そこをしばらく歩いて行くと、川だったと思われる場所に出ます。実際には川なんですが、これから行く目的地のポンホロ沼に水があるときは、川になっているのですが、ポンホロ沼に水がなくなると川は枯れてしまいます。その枯れた川を越えてしばらく行くと登りや下りの道が続きます。

ポンホロ沼に行く途中で見ることのできる知床の自然
ポンホロ沼に行く途中で見ることのできる知床の自然
ポンホロ沼に行く途中で見ることのできる知床の自然

 道々には木が倒れていますが、そこにはいろいろな植物が生息しています。木の上に木が育っていたりします。また、切り株に新しい木の芽が宿っているところもあります。しばらく歩いて行くと、分岐が登場します。その分岐をくださっていくとポンホロ沼にでます。
ポンホロ沼
ポンホロ沼
ポンホロ沼

 雄大な景観が広がります。まさに知床の秘境と言われるだけのことはある沼です。本当に静かな空間でここで1日ぼーとしていていても良いくらいな場所です。

ポンホロ沼の名残

 僕が行った時はすでに沼の水は流れ出してしまっていて、かすかにその名残が残っているだけです。そこから山を上がったり、下がったりして沼を一周します。あたりはあまりにも静かでいつ熊が出てくるか気になりますが、ここで熊に出会ったことは一度もありません。そんな道を歩いて、また枯れた川を越えて。入口に戻ります。

知床の原生林

 所要時間は1時間半から2時間を見ておけばしっかりこのポンホロ沼を堪能できます。知床の知床らしい感じを味わえる場所です。

 いいたび@オホーツクでは、知床をご案内する際にこのポンホロ沼をコースに入れることもできます。詳しくはお問い合わせください。

 いいたび@オホーツクホームページ TEL:090-1656-0760 担当:佐々木