■北海道・オホーツクの春を告げる 水芭蕉

■北海道・オホーツクの春を告げる 水芭蕉

今年も海に近い涛沸湖の湿地で見ることができました!

北海道・オホーツクの春を告げる 水芭蕉

北海道・オホーツクの春を告げる 水芭蕉

北海道・オホーツクの春は水芭蕉とともにおとづれると言っても過言ではないと思います。

水芭蕉は「夏が来れば思い出す・・・」という歌のイメージ通りだと夏の高冷地である尾瀬を思い起こしますが、北海道オホーツクでは標高の低い海辺の湿地で見ることができます。しかも季節は夏でなく、春です。

オホーツクの場合は低地で春に咲くというのが定番です。ここにもオホーツクの独特な風土があります。

森の中にある湿地と言うことで雰囲気はまずまずですね!ここにオホーツクらしさが表れているるとも言えるでしょう!

今年もこの水芭蕉に会えて良かったです。幸せを感じるところです!

北海道・オホーツクの春を告げる 水芭蕉

北海道・オホーツクの春を告げる 水芭蕉

北海道・オホーツクの春を告げる 水芭蕉

5月になり涛沸湖(網走市・小清水町)の水芭蕉もきれいに咲いています!

5月になり涛沸湖(網走市・小清水町)の水芭蕉もきれいに咲いています!

■毎年のお決まりなんですが、今年も水芭蕉を撮影してきました!

涛沸5月になり涛沸湖(網走市・小清水町)の水芭蕉もきれいに咲いています!

 今年(2017年)も北海道・オホーツクの水芭蕉を見てきました。水芭蕉の群生地はあちこちにありますが、僕はこの涛沸湖の水芭蕉が好きです。森の中で湖が近い場所というのは、ロケーション的にもいうことはない場所だと思っています。

 ガイドをする際にもこの時期はこの涛沸湖の水芭蕉は、絶対ご案内します。そして、お客様に本当に喜んでいただいております。

 毎年、ご案内して良かったと思う場所です!水芭蕉を思う心を大切にしたいと思います。

[wds id=”4″]