■流氷が来ている中、神の子池でスノーシューツアーをしてきました!

■流氷が来ている中、神の子池でスノーシューツアーをしてきました!

北海道・オホーツク・清里町の神の子池はエメラルドグリーン!

流氷が来ている中、神の子池でスノーシューツアーをしてきました!

2018年2月10日(土)の午後に神の子池にお客様とスノーシューツアーを実施しました。

流氷が来ている中、神の子池でスノーシューツアーをしてきました!

流氷が来ている中、神の子池でスノーシューツアーをしてきました!

神の子池は道道から林道を約2km歩きます。雪の降っていない季節は車で入れますが、降雪機は車は入れず、通行止めになるので、スノーシューをはいて。2km、往復4kmの街乗りを歩いていかなければなりません。

しかし、車で行くときには見過ごしてしまう景観に出会ったり、自然の音に出会ったりします。自然の音というのは川の音です。川の音はとても気持ち良く、心を研ぐ済ませてくれます。まわりの自然の景観もなかなか味わい深いものです。

流氷が来ている中、神の子池でスノーシューツアーをしてきました!

流氷が来ている中、神の子池でスノーシューツアーをしてきました!

流氷が来ている中、神の子池でスノーシューツアーをしてきました!

装備はスノーシュー、それをはくための長靴は定番ですが、いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、転倒防止と防寒効果を兼ねて、スノーヘルメットとスノーゴーグルを装着していただきます。お客様からはスノーヘルメットとスノーゴーグルが意外と評判がよく、暖かいということと、安全対策が講じて、雪の上に安心して倒れ込んで寝れるということでした!

流氷が来ている中、神の子池でスノーシューツアーをしてきました!

約片道1時間の行程は長くあり、短くもありです。そこでの感じ方が大事です。多くの方があっと言うもの出来事であったように短く感じています。それだけ自然の景観や音に感動されているからだと思います。僕も何度神の子池にいってもそれを感じます。

神の子池はエメラルドグリーンの湖面の色が特徴ですが、雪の景観と混ざり合って、絶妙な雰囲気になります。その色の加減はお客様達を興奮させます。どなたも「こんな素晴らしいエメラルドグリーンは見たことがない!」といいます。

こうして約2時間の行程の神の子池スノーシューツアーは終わりを告げるのでした!

流氷が来ている中、神の子池でスノーシューツアーをしてきました!

■2018年2月11日(日) 午後の流氷堪能ツアー

■2018年2月11日(日) 午後の流氷堪能ツアー

網走の能取岬、小清水のフレトイ海岸で接岸している流氷に会えました!

2018年2月11日(日) 午後の流氷堪能ツアー

2018年2月11日(日) 午後の流氷堪能ツアー

2018年2月11日(日) 午後の流氷堪能ツアー

雪と風が強いこの日の午後に流氷堪能ツアーを開催しました!まず能取岬へ行きましたが、手前の見所ではガスがひどくて岬の灯台も確認できないほどでしたが、何とか接岸している様子は確認できました。

能取岬につくとちょっとガスが腫れて、流氷が接岸している様子を確認できました。

能取岬から網走へ戻って、海岸を東に走りましたが、またガスがひどくなり、藻琴の海岸、JR釧網線の北浜駅では、何とか流氷を確認できる程度で写真の撮影は困難となりました。

2018年2月11日(日) 午後の流氷堪能ツアー

2018年2月11日(日) 午後の流氷堪能ツアー

浜小清水のフレトイ海岸へ行きましたが、風が強く、雪が顔に当たると痛い状態だったので、スノーシューで利用しているヘルメットとスノーゴーグルをお客様に装着していただき、流氷見学を続行しました。

運良く、砂地に乗りあげた遠浅の海岸の流氷に乗ることができました。

スゴイ天気の中でも流氷に乗れたことでお客様には感動していただけました。